街頭でネバスぺを見せて恥ずかしがる女の表情に興奮

「お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩! 頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口! 舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!」表紙新中野小劇場

セクシー女優も羞恥心あるんだと知り、
鑑賞していてニヤける野外露出AV
お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩!頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口!舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!

ネバスぺは口いっぱいに
精子が蔓延し、臭いニオイで
メスの脳天まで犯すような
興奮があります。「お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩! 頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口! 舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!」水城りの1

ネバスぺ+他人に見せる
恥ずかしがる表情の女
に興奮させられる方向きのAVが
「お口の中に3発以上の
ザーメンを入れて野外散歩」
です。
タイトル長かったので、
省略表記しました▲
アウトドアごっくんです。「お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩! 頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口! 舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!」車内でネバスぺ公開

ソフトオンデマンド系列のレーベル
「新中野小劇場」の企画ものAV。
新しい露出系の撮影のテーマは
街中で精子含んだ口を開いて
見せつけ、
手の上に出させて
含ませ、うがいもさせて、

もちろん自分の口のなかで
育てたネバスぺゴックン

の一連の様子を記録させたもの。

女優は自撮り棒で、離れた位置に
いるスタッフからの指示で
街中で開口させられたりと、
孤独な撮影状態です
(軽いスぺレズ有)。「お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩! 頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口! 舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!」スぺレズ

精神的よりどころのないまま、
ひとりで羞恥に耐えながらも
命令に従う仕草が、視聴者の
サディズムを刺激させられますね。

急に話しかけられるハプニング
(YouTuberと思われたため)に、
うまく対応できないアタフタ姿も
なかなか面白いものです。「お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩! 頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口! 舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!」ネバスぺ

精子も3~5発と、ある程度の量に
ネバスぺの唾液も交じっての
大量体液で口のなかが満ちていき、
頬を膨らませていく状況です。
しかもスペルマは自分でフェラして
出させないといけない労働付き。

精子を口の中に含んだままでの
フェラの音って、通常のフェラ音と
違うのは製作者の意図していない
部分でしょうけど、エロ研究として
耳で差を味わうことができました。「お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩! 頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口! 舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!」フェラチオ

本題のネバスぺ状態で街中散歩
(オフィスも有り)は、

「臭さ+量+やましい行為」

自分の姿を見られていることを
恥じ入る女(涙目のヤツもいた)を
鑑賞でき、風変わりでいいですよ。

出演女優は、
水城りの柑南るか最上晶
いろは美咲かのん、の計5人
(関西弁アクセントの水城りの
見つめながらのフェラシーン、
やけにエロかった・・・)。

女優は甘めの精子が好みで、
苦めの精子はイヤ、
と言っていましたけど、
彼女たちには残念な苦いザーメン
出させて、長時間耐える結果に。「お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩! 頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口! 舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!」水城りの2

残念なポイントは、
魅せるフェラチオでない
(水城りの以外)のと、
カラミが一切ないことです。
ハダカや乳首すらなし!

だから視聴者の客層をかなり絞った
内容ですよ。俺はOKでした。

マスク着用が当たり前になった
状況では、お目にかかれない企画
「お口の中に3発以上のザーメンを入れて池袋・秋葉原・中野を野外散歩!頬袋でぐちゅぐちゅ泡立つザーメン!街中で大きく羞恥開口!舌上の精子を味わいながら、最後は人前でごっくん!」
は時代が許したAVかもしれませんね。
▼DUGAのリンク▼と、


▼FANZAのリンク▼です。

あなたは18歳以上ですか?当サイト「ザーメンごっくんラバー」は アダルト動画情報を紹介する内容であり、 18歳以上の方のみ閲覧対象となっております。